看板にとっていちばん大切なことはなんだろう

 

わたしたちはそれを、“メッセージの強度”だと考えています。

 

看板に限らずすべての広告は、必ず何かを伝えるために作られています。

ですから、大前提として“伝えたい事”があるわけですが、 この当たり前のことがおろそかになっている例が少なくありません。

 

たとえばあるお店の店主様から

「もっとお客さんが入るように広告看板を出したい」

とご依頼いただいたとします。

 

一見あたりまえのようなお話ですが、わたし達はこれでは良い看板を作ることができません。

「もっとお客さんが入って欲しい」のはオーナー様のご要望であり、

けしてお店からお客様に“伝えたい事”ではないはずです。

看板だけで、あらたな顧客を生みだすことはできません。

お客さんに伝えるべき商品やサービスのセールスポイントがあり、

それを周知し、お客さんに伝えるお手伝いをするのが広告の役割です。

 

まず、何を伝えたいのか。

そのことが明確で魅力的であるほどメッセージは強度を増し、

広告もより具体的に、より戦略的に機能すると私達は考えます。

 

あなたの伝えたいメッセージを教えてください。

それに適した手段を考え、効果的な広告・看板をお作りします。

あなたの広告が雄弁に語りだすように!